トップ

たくさんの物に振り回されていた自分

年齢と共に長い間同じ家で暮らしていると自然に物が増えています。若い頃に好きで集めた食器や雑貨も年齢とともに趣味が変わり、家の中の統一感がなくなり落ち着かなくなってきます。断舎利いう言葉が騒がれ始めた頃から少しずつ今の自分の心地いい物だけを残して家の中を軽くしてみました。結婚当時に買った好きな家具は今の自分にも心地いいものでした。子供の頃から使っていた何でもない食器もアクセントになっていて、いじらし...

これからの看護師に求められること

私は看護師をしています。何人ものさまざまな病気を患った患者・家族と関わり、日々進歩していく医療の中で唯一看護だけはその真髄が変わらないものであると思っています。病気や怪我の重傷度にかかわらず、患者は健康な身体を取り戻そうと病気を闘っています。心ももちろんそうであり、常に健康ではないという不安、死への不安、今後の病状や家族の不安など、さまざまな不安を抱えながら闘病されています。状況によっては患者の家...

お風呂場のリフォーム

実家のリフォームで段差をなくしたら、洗い場でシャワーを浴びる時に気をつけないと水が着替えるスペースに出やすくなった。/浴槽を低くしたら、窓までの高さが出来、冷めにくくなったものの、夏場はむしむししやすくなった。/タイルからパネルタイプにすることと、広さ、工事期間だけに気がいったので、次回(自分の家は)湿気や使い勝手を細かく考えないといけないと思ったのを覚えています。/そんなに簡単にやりなおしができ...

すごい日本の先端医療・技術

さすが技術立国日本。医療においても医療技術の進歩は尊敬に値する。ips細胞はがん治療を大きく変える可能性がある。またカメラや医療機器や医薬品の進歩も目覚しい。問題はそれを生かし切れるかだ。政治との絡みで海外に遅れをとってしまう。政治が3流ではせっかくの技術者たちの頭脳も宝の持ち腐れになってしまう。確かに国民は海外に比べれば安価で医療を受けられるかもしれないが、敢えて海外と比較する必要があるだろうか...

バリアフリーの賃貸住宅

賃貸住宅を探すとバリアフリーの物件がほとんどありません。外構からちゃんとプランニングするとスロープに玄関周りの面積を使うので、土地がもったいないからとは思いますが、今の世の中賃貸も差別化を図らないと入居者のニーズに応えられない物件ばかりになります。世の中に沢山の賃貸物件があるのに、既存のものはもちろん新しく作られるアパートにバリアフリーのものは見られないのがとても残念に思います。大手のメーカーから...

教育と指導

人が育っていく中でさまざまな形で知識を覚えていく多くの人が“自分はちゃんとしている”と思いながら面倒なことや 本来は自らが行うべき事を誰かに委ねている学校でも しつけは本来親がするものでも多くの保護者は教育機関に求めている社会に出ても 教育は受けてきた とみなされ何してきたんだ! と企業に必要な知識がない事を批難する方が多い必要な知識は必要と思われる時に教えればいい教育とは一定の知識を教わる事指導...

部活動で成長できた自分

高校時代、硬式テニス部に入部したのですが、新入生がどんどん辞めてしまって、残ったのは自分を含め3人でした。それからというもの、雲の上の存在の3年生、教育係でおっかない2年生の先輩達と一緒に毎日が緊張の中の部活動でした。夏になると、炎天下の中倒れそれでも毎日毎日頑張ったあの経験は一生忘れないし、すごく自分を色々な意味で成長させてもらえました。大人になった今でも忍耐力は誰にも負けない自信があります。自...

1